HOMEに戻る . GENERAL INFOMATION MFCの紹介 . AIR FILED 飛行場の様子 . MODELER ROOM 工作室だより . BBS LINK's
SiteMap Member's LogOFF ?
概 要 
特 徴 
歴 史 
飛行場 
お知らせ  
最新記録  
全活動記録
イベント記録
機体紹介
技術情報
フォーラム
ラウンジ 
BBS検索 



2006/06/25 第2回Big Scale Aviator Meeting in MOTEGI

巨大ラジコンの祭典になるか!Big Scale Aviator Meeting に遠征してきました。
ここでは、2m のスタント機は小型機です。滅多に見れない、ひたすら巨大な飛行機に圧巻された一日でした。

☆★ メインゲスト、シュールマン氏(USA)のフライト、パイロットがスモークに隠れる変形 "ニンジャ" かな〜 ★☆

これでもか!といわんばかりの大型機がモテギにならびました。日本にもこんな機体があるんだな〜感心〜

遠くから見ても、この大きさです。周りに人がいないと実感がない!?

ガソリンエンジンですから、スモークは標準装備!?

これだけ見ると良く分かりませんが、2.4mクラスの機体、このくらい が多かったです。エッジ、エクストラ、ヤク、ジャイルズといったアクロ機がほとんど。

近くで見ると、でか〜、綺麗なコンポジット機です。これは3m越え〜

子供なら載れる大きさです。翼弦も1m以上あり、主翼のカバーには人 が入れます。Yak55 は、流行みたい。

こちらはジェットのF15 です。エンジンは一機なんですね〜

タービンプロップエンジンのヘリですが、、でか!

機体を除いてみると、ラダーサーボは2連結です。こちらは、2.5mクラスの機体で、サーボ のトルクは30kg X 2 だそうです。うしろの小さい 2.2m/50cc の機体なら、ラダーサーボも1個でよいとか、、

こちらの3mクラスになると、ラダーサーボは3連です!奥に見えるベリーは、、フルサイズ ですよ、、

雑誌でおなじみのターボレイブンですね。ペラの風切で独特の音を奏でます。

ガソリンエンジンは始動も簡単?ほとんどの機体が手掛けです。

機体の構造は、、コンポジットがほとんど。カーボンの網タイツ補強と カーボンパイプのトラスが見て取れます。これだけ大きな機体が高速スナップやラムチェバックしても、 壊れない事に感心してしまいます。

この小型機(オイ)は日本にまだ一機しかない Beryll EP専用機です。 今日ばかりは、2m のスタント機は小さく見えます。フライトは Sugiyama さん、解説は Furuchi さん。

大型機フライトのほかにも即売会もあります。ちょっと寂しいけど。

いつもの様に盛況な、HobbyNet ブースです。EP関連が安いヨ〜

シュールマン氏、フェラーリと RC機で競争させてました。どうせなら、 巨大RC機でパイロンレースして欲しいな・・日本じゃ無理かな

あの「航空ページェント」より迫力あるフライト、まったく見慣れない サイズの機体に圧倒された1日でした。

これほど大きい機体は、さぞ良い飛びするかと期待したのですが、やっぱ り機体より腕です(^^;上手い人は上手いが、、

ちょうど EPP の電動機のフライト特性が近い様でした。

こういう飛行機もあるんだな〜、こんな大きな機体を、皆さん、どこに 保管してるのかね〜(^^;;;


※ このページへのコメント ※


-- Copyright Matsubushi Flying Club --