HOMEに戻る . GENERAL INFOMATION MFCの紹介 . AIR FILED 飛行場の様子 . MODELER ROOM 工作室だより . BBS LINK's
SiteMap Member's LogOFF ?
概 要 
特 徴 
歴 史 
飛行場 
お知らせ  
最新記録  
全活動記録
イベント記録
機体紹介
技術情報
フォーラム
ラウンジ 
BBS検索 


ARF製作 - Osmos 70 GP

2009/12/04 SARA

Osmos 70 GP
■■■目 次■■■
  1. はじめに
  2. 主翼
  3. 胴体
  4. シール
  5. コクピット
  6. クリア塗装
  7. リンケージ
  8. 試運転
  9. 完成

-GO TOP-


■■■クリア塗装■■■

クリア塗装-主翼 全体にクリアウレタンを吹いて、耐久性向上、 質感向上、フィルム剥がれ防止、重量"高"上(オイ)させます。

主翼は裏表、順番に2回ずつ吹きます。クリアはどこまで塗ったか 分からなくなるため、縦横にクロスさせて吹きつけます。

ウレタン塗装(の溶剤?)は、フィルムの糊を溶かしてしまうのですね。 たっぷり吹きつけたところ、小さい文字のフィルムが剥がれて浮き上がり、「S」と「N」が動いちゃったぞ!?
クリア塗装-主翼2 クリア塗装-主翼3 クリア塗装-コンパウンド
塗装後は、耐水ペーパー#2000、コバックスブラック(#3000相当)、 3M のハード2(細目)、ウルトラグレース(微細)で磨きます。

まぁまぁ、艶やかになったかな、、毎度、綺麗に塗れません。 綺麗に見える画像だけ載せておこう。(^^ゞ
クリア塗装-主翼終わり
クリア塗装-胴体 リンケージパーツを外して、胴体にもクリアウレタンを吹きます。 なんだか、固まる前が一番艶やかな気がするなぁ

ここも、2回塗ります。実際には、吹き漏れがあって、3回だったかも、、

乾燥後は、主翼と同様に磨きます。胴体のほうがクリアを薄めすぎた らしく艶がいまいちです。
カナライザ取付 カナライザ取付2 カナライザ取付3
乾燥後、カナライザを取付ます。これを付けると、置き場所に注意が いりますね・・。キャノピ後ろ中央、思い切って取付位置を決めます。

徐々に切り広げます。支柱一本の一部を切りとります。接着後は、 切り取り支柱の左右に補強をはります。向きがあるので、注意します。

動かないように注意して、接着します。
カナライザ完成
尾輪取付 主脚取付 アンダーカバー
尾輪の取付、ARF らしい品質だけど、いい部品が付いてます。

主脚の組立、タイヤ支柱は M4ネジで重すぎます。そこで M3に変えました。 でも、タイヤの軸穴は 4mm なので、3mmネジに4mmアルミパイプをかぶせまして、、結局、軽量化できたか微妙!? ま、タイヤの回りは良さそう。

M3ネジ、ワッシャ、M4アルミパイプ、輪切りシリコンチューブ、 タイヤ、シリコン、ワッシャ、ロックナットと組みあがります。

アンダーカバーは、マフラーが半貫通になったので、主翼と分けて ダウエルつけ、主翼のネジで共締めします。主翼ボルトを回しやすいように紙パイプを付けています。
アンダーカバー2

-GO TOP-


■■■リンケージ■■■

エンジン積み メカ積み、エンジンとマウントを取付ます。 OS 70 Ultimete は、全閉付近からのレスポンスが良いので、アイドリングでエンジンが振れ ると、リンケージが引かれスロットル開、、吹ける=振れる=ひどくなってエンスト、という 現象がよくみられます

そこで、エンコンリンケージが振動で引きづられるのを軽減 する様に、エンジンマウントにホーンを付けて、リンケージをつなぎます。

果たして効果は、、後ほど。
エンジン積み2 エンジン積み3 エンジンカウルは、かなり大きめで隙間だらけ、みるからに冷えそうも ありません。

スポンジを張って流速を高め、冷却効果を上げます。
リンケージ1 リンケージ2 リンケージ3
リンケージの部品は、クリア塗装前に仮組しているので、簡単です。

ラダーのワイヤーリンケージは、ラダーホーンに合わせて、サーボホーン を作成します。

同様に、ホーンが当たらない位置にサーボを合わせ、ラダーワイヤーと エレベータロッドの振れ止めを作成します。慎重に位置決めします。

メカは。エンコンサーボは小型を使うことと、エレベータ、ラダーのリンケージ ぶつからないように、ベニアを敷いてエレベータサーボをかさ上げしています。敷いたベニアにエンコンサーボを 載せます。

エルロンもベアリング入りサーボホーンを使います。ホーン位置のフィルム を切って瞬着でホーンを接着したうえでタッピングスクリューを締めます。タッピングスクリューも瞬着で接着です。
リンケージ4 リンケージ5 リンケージ6
エルロンリンケージ完成。

サーボホーン側は、ベルウッドのベアリングアジャスターです。
リンケージ7
リンケージ8 受信機はハードバルサにマジックベルト留め、スイッチも同じ くハードバルサに固定しています。

胴体の高さはあるけど、平らに積むと、やっぱり狭い。

主翼と胴体の隙間は、ほとんどなかったのですけど、スポンジ テープを張っています。

-GO TOP-


■■■試運転■■■

カウルを閉める前に、試運転してエンジンの調整を行いました。 OS 70 Ultimete + ハイドマウントの実力は如何に!?
Ultimete の振動が抑えられ、全開でもかなり静かです。これはいい感じ。
しかし、、アイドリングは、、やっぱり!
ハイドマウントは柔らかく、30°ぐらい振れます。激しい振れに引かれて スロットルが動き、回転変化したエンジンは、より大きく振動して、結局エンストしてしまいます。

そこで、大きな振動を抑えるように、YSマウントよろしく田宮のオイル ダンパーを付けました。効果テキメン、アイドリング付近の大きな振動が抑えられ、ローからハイまでほぼ同じ 振れ幅となり、スローも安定します。(^◇^)
マウント経由のリンケージ、効果があったかどうか、、多少は効果ある みたいです。
ダンパー

-GO TOP-


■■■完成■■■

完成1 中型 ARF にずいぶん手間かけましたが、あんまり綺麗な感じがしないな〜 塗装機を見慣れたからかなぁ・・
小さな機体ですが、ボリュームのある胴体です。メカは贅沢な物を積んだし、 どんな飛びをするか楽しみです。

もともとの趣旨である耐久性向上の効果は、これから分かることでしょう・・
完成2
完成3 ちなみに、背面はこんな感じ〜

-GO TOP-


※ このページへのコメント ※




-- Copyright 2009 Matsubushi Flying Club --